リデュースで食生活を改善

こんにちわ、東文堂です。
本日はリデュースについてお話致します。

お客様から「食べ過ぎでストレス」になっている話は良く聞きます。
人によっては病院に行った訳ではないですが、インターネットで調べたら「過食症初期症状」だったり、夜中に冷蔵庫の前を行ったり来たりしていますって相談もお聞きします。
 
実際、私も太る事、痩せる事で毎日左右されていた一人です。
周りの人は、「外見は関係ない」って言ってもやはりキレイ事で、体重が増えている時には、人に見られたくないし、すごくネガティブになって毎日が嫌になってました。

何かあっても、すぐに「どうせ私は太っているから、、、」と悲観的にもなっていましたし。
痩せている時には気分よく出かけて、洋服なんかも新しく買って、おしゃれしてポジティブになってました。
これって理屈じゃないから、仕方がないですよね。
 
私は、アメリカに留学経験があるのですが、その時にストレスを感じると気軽に行ける大学の中にある診療所に「カウンセリング」に通っていました。
そこでストレス原因の一つが「体重増加」からくるものには、担当の先生が「ウエイトコントロール科」に連絡して、ダイエット薬を処方してくれてました。
もちろん、運動や生活改善の指導も受けましたが。
太る事、食べない事でストレスが極度に溜まるようなら、薬の効力に頼っても良いというのが、アメリカの私の担当医の考えでした。

私もそう思っています。

もちろん、薬なので副作用やその人に合ったレベルは大切だと思っています。
 
私は医学免許を持っていないので提案しか出来ないですが、リデュースの成分は「シブトラミン」という食欲抑制剤です。
これにゼニカルの成分の「オルリスタット」の併用は効果的だと思いますよ。

東文堂 では正真正銘の機関で分析した鑑定結果(分析結果刻印付き)を同封したリデュースを配送しております。

商品一覧はこちら

http://tobundo.net/products/list.php?category_id=114

今後とも東文堂をよろしくお願い致します。